韓国代表FWソン・フンミン、“兵役免除”で人気上昇? バイエルンが獲得調査を開始か

兵役免除を勝ち取った韓国代表FWソン・フンミン【写真:AP】
兵役免除を勝ち取った韓国代表FWソン・フンミン【写真:AP】

ドイツの絶対王者が熱視線と伊メディアが報道

 トットナムの韓国代表FWソン・フンミンは、先日のアジア大会で金メダルを獲得したことで兵役免除を勝ち取ったが、そのことによって欧州ビッグクラブからの注目を集めている模様だ。

 ソン・フンミンは8月にインドネシアで開催されたアジア大会男子サッカーに、オーバーエイジとして参戦した。イングランドの強豪でプレーするソン・フンミンが、ロシア・ワールドカップ終了直後で、注目度の低いU-23世代が出場するアジア大会に参加した理由は兵役にあった。韓国の全ての男性が満28歳までに行わなければならない兵役は、ソン・フンミンのキャリアを大きく変える可能性があった。しかし、アジア大会で金メダルを獲得すれば、それが免除され欧州トップレベルでのプレーを続けられるからだ。

 韓国は決勝でU-21世代のチームで臨んだ日本と延長戦にもつれ込む死闘を演じたが2-1で勝利し、代表選手たちは兵役免除を勝ち取った。このことはイングランドでもニュースになったが、それは他のビッグクラブにとってもソンを獲得する場合の懸念材料が消滅したことを意味する。

 イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」は、兵役免除となったソン・フンミンに対して、ドイツ・ブンデスリーガの王者バイエルン・ミュンヘンが獲得に向けた調査を開始したと報じた。

 韓国代表のエースは、シーズン前にトットナムと2023年まで契約を延長したばかり。かつてドイツのレバークーゼンで活躍しただけに、ブンデスリーガでの実績は十分にある。兵役という懸念材料のなくなったソン・フンミンは、さらなるステップアップも視野に入れられるほど注目を浴びているようだ。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング