「日本人が夢のボレー弾」 “珍オウンゴール”の反響拡大「偶然のパス…しかし美しい」

横浜FCのMF北爪健吾【写真:Getty Images】
横浜FCのMF北爪健吾【写真:Getty Images】

横浜FCのMF北爪がクリアミス 絶妙ループ弾が自陣ゴールネットを揺らして脚光

 8日のJ2第32節東京ヴェルディ対横浜FC戦(2-1)で生まれたオウンゴールが海外メディアから脚光を浴びたが、試合から数日経っても反響は止まず、「日本人が16メートルの夢のボレー弾」「偶然のパス…しかし美しい」と報じられている。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 ホームの東京Vが開始早々に先制ゴールを奪ったが、それは思わぬ形だった。東京Vがセンターサークル付近でボールをキープし、前方にパスを入れるタイミングを見計らうなか、DF井林章が横浜FCの最終ライン裏にロングフィードを供給。しかし、これは横浜FCのMF北爪健吾が素早く反応し、右足でクリアを試みた。ところがここでキックミスが生じ、北爪が右足でミートしたボールは宙にふわりと浮きながら自陣ゴール方向へと飛ぶと、絶妙なループ弾のような形で自軍GKの頭上を越えて横浜FCのゴールに吸い込まれた。

 東京Vにとっては「ラッキー」、横浜FCにとっては「アンラッキー」と言えるゴール。東京Vが後半25分に追加点を奪ったなか、横浜FCは1点返すもオウンゴールが響いて敗れた。

 海外メディアはオウンゴールを動画付きで紹介するなど話題を呼んでいたが、反響は拡大し続けている。オランダのスポーツメディア「Sportnieuws」は「先週末、日本のケンゴ・キタヅメがゴールを決めた。自軍のゴールキーパーの背後に偶然のパス…しかし美しい」と記した。また、スイス紙「ブリック・アム・アーベンド」はオウンゴールについて「日本人が16メートルの夢のボレー弾。残念ながら自軍のゴールに」と伝えている。

 日本で誕生した“美しいオウンゴール”は、海外メディアの目を捉えて離さないようだ。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング