「新たなボスによるドリームスタート」 海外メディアが森保ジャパン“初陣快勝”を称賛

森保ジャパンは初戦を3-0で快勝を収めた【写真:Getty Images】
森保ジャパンは初戦を3-0で快勝を収めた【写真:Getty Images】

南野、伊東のゴールを含む3得点で快勝、若きアタッカー陣が躍動

 日本代表は11日、国際親善試合でコスタリカ代表と対戦し、3-0と完勝を収めた。ロシア・ワールドカップ(W杯)後に就任した森保一監督の初采配となった一戦に、海外メディアも「ドリームスタート」と称賛している。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 MF中島翔哉(ポルティモネンセ)、MF南野拓実(ザルツブルク)、MF堂安律(フローニンゲン)ら若きアタッカー陣を先発起用し、フレッシュな顔ぶれが揃った新生日本代表。前半にオウンゴールから1点を先制し、迎えた後半21分、南野がペナルティーエリア内での反転シュートで追加点を奪うと、同アディショナルタイムには途中出場のMF伊東純也(柏レイソル)が鋭いドリブルからシュートを流し込み、盤石の勝利を収めた。

 この結果を受けてガーナメディア「Pulse Ghana」は、「日本は新たなボスによるドリームスタートでコスタリカを粉砕」との見出しで報じ、幸先の良い船出を称えている。7日に予定されていたチリ戦が北海道胆振東部地震により中止となったことについても触れ、大阪に舞台を移した日本の奮起を綴っている。

 また、前半終了間際の南野の強烈なボレーシュートをGKレオネル・モレイラが目覚ましいセーブで弾き出し、堂安のループシュートをゴールライン際でDFルイス・エルナンデスがクリアするなど、コスタリカ守備陣の奮闘を紹介したものの、伊東の3得点目については「終了間際に左足で粉々にするディープショットで日本のパフォーマンスを仕上げた」と、強烈な一撃になす術がなかったことを伝えている。

 ベスト16進出を果たしたロシアW杯メンバーからはGK東口順昭(ガンバ大阪)、DF槙野智章(浦和レッズ)、MF遠藤航(シント=トロイデン)のみの先発出場となったが、躍動した新生日本代表は“世代交代”を高らかに宣言することに成功したようだ。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング