「新顔揃いの日本」の快勝劇に海外メディア驚き 美しい連動性で「試合を支配した」

日本はコスタリカ相手に3-0で快勝した【写真:Getty Images】
日本はコスタリカ相手に3-0で快勝した【写真:Getty Images】

初陣での快勝発進を称賛、先発7人が“国内組”

 森保一新監督率いる日本代表にとっての初陣となった11日の国際親善試合コスタリカ戦は、3-0の快勝に終わった。これまで代表招集歴のない、もしくは少ない若手選手たちが特に目立った一戦となったが、米衛星放送「FOXスポーツ」アジア版でも、お馴染みだった海外組を未招集ながら、勝利を飾ったことについて称賛している。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 北海道で発生した地震の影響により7日のチリ戦が開催中止となったため、コスタリカ戦が森保ジャパンの船出となった。コスタリカ戦の出場選手のなかで、ロシア・ワールドカップ(W杯)でプレー時間を得たのがDF槙野智章(浦和レッズ)だけだったことに、同紙も「新顔揃いの日本がハジメ・モリヤスの下でウイニング・スタートを切った」と驚きをもって見ているようだ。

「FIFAワールドカップ後の試合で、日本はいわゆる“海外組スター”を招集することを避けた。モリヤスは若手で、なおかつまだ経験値が少ない選手、そしてスタメンのうち7人がJ1リーグに所属する選手を起用したのだ。しかしキックオフ後からサムライブルーは試合を支配した」

 MF中島翔哉(ポルティモネンセ)のCKからDF佐々木翔(サンフレッチェ広島)が誘発したオウンゴールでの先制点、後半アディショナルタイムにMF伊東純也(柏レイソル)が右サイドを独力突破して決めた3点目に触れるとともに、注目しているのは2点目のシーンだ。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング