“10番”中島翔哉、「特別な番号」で輝いた初陣 リオ世代競演「自然と良いプレーが出た」

日本代表MF中島翔哉【写真:Getty Images】
日本代表MF中島翔哉【写真:Getty Images】

コスタリカ戦で2ゴールに絡む活躍 「すごく楽しかった」

 日本代表のMF中島翔哉(ポルティモネンセ)が、新体制の初陣となった11日のコスタリカ戦(3-0)で2得点に絡む活躍を見せた。試合後には託された背番号「10」や、リオデジャネイロ五輪からともに戦ってきたメンバーとの競演について語った。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 日本は中島の右CKから、DF佐々木翔(サンフレッチェ広島)のヘディングが相手のオウンゴールを誘発し、前半16分に先制。さらに後半21分には中島からMF遠藤航(シント=トロイデン)、MF南野拓実(ザルツブルク)とつないで追加点が生まれた。

「試合はすごく楽しかったですし、チームメイトが助けてくれて楽しめました」

 2得点に絡んだ中島は、森保一監督の初陣を「楽しめた」と振り返った。MF中村俊輔(ジュビロ磐田)やMF香川真司(ドルトムント)といった歴代の名手が背負った10番を受け継いだが、重圧を感じることなく、軽快なプレーで攻撃を牽引。「10番というのはサッカーでは特別な番号だと思いますし、それも含めてすごく楽しかったです」と話している。

「できるだけシュートやゴールを狙おうと思っていた」と言うように、左サイドから仕掛けてチャンスに絡んだ。そして、2点目のシーンでは同世代の遠藤、南野と抜群の連携で、相手の守備を上手く崩した。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング