堂安が「日本代表デビューで拍手喝采」 無得点も「力強いプレー」と海外メディア評価

コスタリカ戦でA代表デビューを飾ったMF堂安律【写真:Getty Images】
コスタリカ戦でA代表デビューを飾ったMF堂安律【写真:Getty Images】

中盤右サイドで溌溂としたプレー 途中交代時にはスタンドから大歓声

 フローニンゲンのMF堂安律が、11日の国際親善試合コスタリカ戦で日本代表デビューを果たした。20歳の記念すべき一戦に、オランダメディアも注目している。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 森保一監督は、初陣で4-4-2システムを採用し、中盤右サイドに左利きの堂安を起用。すると、逆サイドに起用されたMF中島翔哉(ポルティモネンセ)とともに、攻撃の中核を担った。

 後半14分には積極的な飛び出しから、ペナルティーエリア内に侵入してループシュート。同19分には右サイドから攻め込み、切れのある動きでDFを交わしてから右足でシュートを放つなど、溌剌としたプレーで見せ場を作った。いずれも得点にはならなかったが、同40分の途中交代の場面ではスタジアムから歓声が上がった。

 オランダメディア「Dagblad van het Noorden」は、「リツ・ドウアン、日本代表デビューでスタンディングオベーションを受ける」との見出しで速報。ロシア・ワールドカップ出場メンバーのMF香川真司(ドルトムント)ら既存の主力が不在だったこともあり、「若手にチャンスが与えられた」とされるゲームで堂安のパフォーマンスも「力強いプレー」と評価された。

 オランダ国内でも期待が大きくなっている堂安。代表での活躍によって現地メディアの関心が集まっているようだ。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング