「国民の皆さんが…」 日本代表DF槙野、“波乱の船出”に掲げた「責任」と「覚悟」

日本代表DF槙野智章【写真:Getty Images】
日本代表DF槙野智章【写真:Getty Images】

「日本代表が次どんな戦いをするか」という注目に応えるプレーを約束

 森保一監督が率いる新生日本代表は10日、国際親善試合コスタリカ戦(パナソニックスタジアム吹田/19時20分)に向けて前日練習を行った。“4日遅れ”での初陣を迎えることになったが、「いろんな感情を持ってピッチに立たないといけない」と覚悟を口にした。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 日本代表は3日から札幌合宿をスタート。7日に国際親善試合チリ戦(札幌ドーム)に臨む予定だったが、6日午前3時過ぎに北海道胆振地方を震源とする地震が発生して中止が決まった。チーム作りにおいては強豪チリとの貴重なテストマッチの機会を失い、9月シリーズは1試合のみとなった。

 10日の練習も冒頭15分のみの公開で、コスタリカ戦で3バックと4バックどちらのシステムが採用されるかなどベールに包まれている部分は多い。しかし、今回の招集メンバーで数少ないロシア・ワールドカップ組であり、最多のキャップ数(33)を誇る槙野は、リーダー格の一人として“代表選手のあるべき姿”に言及した。

「若い選手たちはA代表デビューする選手もいると思います。経験ある選手としては、W杯が終わって国民の皆さんがサッカーに関心を持っていますし、日本代表が次どんな戦いをするのか注目している。台風や地震、被災している方に対しての思いもあります」

 槙野自身、ロシアW杯では31歳にして憧れの舞台に初めて立った一方、DF吉田麻也(サウサンプトン)、DF昌子源(鹿島アントラーズ)の牙城を崩せなかった。今後、代表で自身の立場を確立するためにも、森保監督へのアピールが必要だろう。

「より責任と覚悟を持って戦わないといけない」

 森保ジャパンのディフェンスリーダーはプレー、メンタル面などあらゆる面で先頭に立ち、チームを引っ張っていくつもりだ。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部・小田智史 / Tomofumi Oda)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング