森保監督、ロシアW杯を経て還元したいことは「日本人らしく」 その真意とは?

コスタリカ戦の前日会見に臨んだ森保監督【写真:Football ZONE web】
コスタリカ戦の前日会見に臨んだ森保監督【写真:Football ZONE web】

「攻守に連動・連携していく部分は世界に通用すると感じた」

 新生日本代表は11日、初陣となる国際親善試合コスタリカ戦(パナソニックスタジアム吹田/19時20分)に挑む。前日会見に出席した森保一監督は「日本人らしさ」を追求したいと語った。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 日本代表は3日から札幌合宿をスタート。7日に国際親善試合チリ戦(札幌ドーム)に臨む予定だったが、6日午前3時過ぎに北海道胆振地方を震源とする地震が発生して中止が決まった。チーム作りにおいては強豪チリとの貴重なテストマッチの機会を失い、森保ジャパンは4日遅れで初陣を迎えることになる。

 森保監督の広島時代からのモットーである「タフに、粘り強く、戦い抜く」の他に、ロシア・ワールドカップにコーチとして帯同して、“日本人らしく”という部分を強く意識したという。

「“日本人らしく”と言うと漠然としてしまいますけど、感覚でなんとなく分かるところは、試合を通してひたむきに戦って、タフに粘り強く、最後まで戦い抜くこと。そして、日本人が持っている技術に自信を持って、勇気を持ってトライしていくことを選手に求めたい。規律に関しても、チームのコンセプトの中で攻守に連動・連携していく部分は世界に通用すると感じたので、組織力を出していきたい」

 A代表だけでなく、東京五輪世代(U-21代表)にも選手としての引き出しができるように――。森保監督は自らのフィロソフィーをチームに落とし込んでいくことを誓っていた。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(小田智史(Football ZONE web編集部) / Tomofumi Oda)

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング