リバプールGKアリソン、痛恨の足技ミスにOBが痛烈批判 「最悪のクライフターン」

リバプールのブラジル代表GKアリソン【写真:Getty Images】
リバプールのブラジル代表GKアリソン【写真:Getty Images】

レスター戦でバックパスを足技で処理しようとするも、まさかのミスから失点

 ブラジル代表GKアリソンは、今季GK史上最高額の移籍金6700万ポンド(約98億円)でASローマからリバプールにやってきた。セービング能力に加え、足元の技術にも長ける守護神は、現地時間1日のリーグ第4節(2-1)で痛恨のミスから失点。リバプールOBは「最悪のクライフターン」と非難している。

 後半18分、アリソンは悲劇に襲われた。ゴールライン際に流れたボールを処理しようと、プレスをかけにきたレスターのナイジェリア代表FWケレチ・イヘアナチョに対して、自慢の足技を炸裂しようとした。

 右足クリアのモーションをかけた後、クライフターンのようにヒールで切り返しを披露。だが、イヘアナチョは全く反応しなかった。切り返しも不発で、アリソンはゴールライン際でボールを背負う羽目に。そのままボールを奪われると、イヘアナチョはクロス。必死にゴール前に戻ったが、アルジェリア代表MFラシド・ゲザルに流し込まれた。リバプールは2-1で勝利を収め、最悪の事態を免れたが、軽率なプレーで失点を献上したアリソンはうなだれるしかなかった。

 この珍プレーに激怒したのはリバプールOBだ。英衛星放送「スカイ・スポーツ」で解説者を務める元イングランド代表DFジェイミー・キャラガー氏は「だらしないパスから全ては始まった。フィルジル・ファン・ダイクの酷いパスでGKは理想的な状況とは言えない立場となったが、単純にクリアすれば良かったんだ」と判断ミスを指摘している。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング