新生・日本代表バスの“キングシート”に誰が鎮座? DF槙野が明かす「若い選手が…」

日本代表DF槙野【写真:Getty Images】
日本代表DF槙野【写真:Getty Images】

3日から11日まで9日本代表合宿がスタート バスの左最後尾“キングシート”の現状は?

 森保一監督率いる新生・日本代表が3日から札幌市内に集合し、7日のキリンチャレンジカップ・チリ戦(札幌ドーム/19時)、11日の同コスタリカ戦(パナソニックスタジアム吹田/19時20分)に向けて、新体制で初の合宿を開始した。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 初日とあってランニングやパス回し、ストレッチなど軽めのメニューをこなした選手たちは和気あいあいとした雰囲気のなかでコンディションを調整。森保監督も「練習は、週末のJリーグをやってきた選手や綱渡りで日本に戻ってくれた選手もいるので、まずはコンディション調整のための軽めの練習ということにした」と説明している。

 今夏のロシア・ワールドカップを終えて、新体制初の合宿は3日からコスタリア戦が行われる11日まで9日間続く。選手たちはピッチ内外で綿密なコミュニケーションを図っていくなか、代表のバス移動について話が及ぶと槙野は「バス?」と驚きつつも、「僕は一番後ろの真ん中に座っています」と口を開いた。

 日本代表のバスで左最後尾は、かつてFW三浦知良(横浜FC)が鎮座したことで“キングシート”として知られるようになり、近年ではFW本田圭佑(メルボルン・ビクトリー)も座っている。再スタートを切った日本代表のバスで、誰が“キングシート”を受け継いだのか。

 槙野は「みんなが思っているほど、選手が意識している席じゃない。空席(笑)」と答えてその場に笑いを起こしたなか、「年齢的には僕か青山(敏弘)選手、東口(順昭)選手が後ろのほうに座ると思いますけど、本当に意識していない」と語っている。

「若い選手が後ろにどかっと座れる雰囲気を作れればいい。それぐらい勢いある選手が来てくれたら面白いんじゃないですかね」

 キングシートを奪い取るぐらいの勢いを――。槙野は若手の台頭を待ち望んでいるようだ。

【PR】サッカー観るならDAZN! 今なら1カ月無料で体験可能!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング