ポドルスキの“一発退場タックル”、三木谷会長がバルサDFピケに質問「レッドだと思う?」

(左から)ヴィッセル神戸FWポドルスキ、バルセロナDFピケ【写真:Getty Images】
(左から)ヴィッセル神戸FWポドルスキ、バルセロナDFピケ【写真:Getty Images】

ピケとのやりとりをSNSで公開 バルサDFの回答は…「せいぜいイエローのはずだね」

 ヴィッセル神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキは、1日に行われたJ1第25節コンサドーレ札幌戦(1-3)で前半終了間際に危険なタックルで一発退場となったことが、国内外で議論を呼んでいる。オーナーを務める楽天の三木谷浩史会長は、ポドルスキの退場劇について、グローバル・スポンサーを結ぶバルセロナに所属する元スペイン代表DFジェラール・ピケに意見を求めている。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 札幌戦に先発出場したポドルスキは1点ビハインドで迎えた前半アディショナルタイム、スローインを受けた際にトラップが大きくなり、札幌MF深井一希がこぼれ球に反応。それを阻止しようとポドルスキは体を投げ出してスライディングタックルを敢行した。しかし、一歩遅れて足裏からタックルする形で深井と接触。これが危険なタックルと判断され、主審はすぐさまレッドカードを提示して一発退場となった。納得のいかないポドルスキは驚きの表情を浮かべて抗議に詰め寄るも、判定が覆ることはなかった。

 最終的に1-3で敗れた後、ポドルスキは自身の公式ツイッターで「アンラッキーな判定もあり、昨日は残念な結果になりました」と受け入れがたい結果だったことを明かしている。

 一方、三木谷会長は3日に公式ツイッターを更新。「Jリーグには改善が必要」と英語で綴り、親交が深いピケとメッセージをやりとりしたスクリーンショットを公開している。

ピケ「試合を見たが…ルーカスへのレッドカードが試合を殺してしまったね」
三木谷会長「これはレッドだと思うかい?」
ピケ「ノーチャンスの場面だ。せいぜいイエローのはずだね」

 名門バルセロナとスペイン代表で長年主力を張ってきたピケの目には、イエローカード未満の判定が妥当だったとの見解を述べている。ポドルスキ退場劇の反響は海外の現役選手にまで広がり、しばらく騒動は続きそうだ。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング