ユーベ快足アタッカー、圧巻の“セクシートラップ”にファン熱狂 「絹のような繊細さ」

ユベントスFWドウグラス・コスタ【写真:Getty Images】
ユベントスFWドウグラス・コスタ【写真:Getty Images】

コスタがパルマ戦のハーフタイムにロングパスをヒールトラップ、反転して蹴り返す美技

 イタリア王者ユベントスは開幕3連勝を飾り、新シーズンでスタートダッシュを決めた。新加入のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが世界中の注目を集めるなか、ブラジル代表FWドウグラス・コスタが現地時間1日に行われたセリエA第3節パルマ戦のハーフタイム中に見せた華麗な足技が「セクシートラップ」「絹のように滑らか」と脚光を浴びている。

 リーグ戦3試合目となった敵地のパルマ戦、新エースのロナウドに移籍後初ゴールは生まれなかったが、クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチとフランス代表MFブレーズ・マテュイディのゴールでユベントスが2-1で勝利した。

 コスタは後半10分からの出場となったが、ハーフタイム中のウォーミングアップで圧巻のテクニックを見せつけた。イタリアメディア「イタリアン・フットボールTV」公式ツイッターは、「‏君のタッチはどうなっているんだ?」と綴り、一本の動画を公開。サイドに立つコスタは、対面から飛んできたロングボールの落下点に入ると、ジャンプしながら体を捻って右足のヒールでトラップ。ボールが宙に浮いている間に反転して体勢を整え、太ももでワントラップして左足で綺麗に蹴り返した。

 足にボールが吸い付くようなテクニックに、投稿のコメント欄には「彼にとっては遊び」「ワォ! 生で見てみたい」「もはやアンフェアなレベルだ」「アッレグリはこんなタレントをベンチに置いておくなんて」と驚きの声が並んだ。また、英スポーツメディア「スポーツ・バイブル」は「ドウグラス・コスタがセクシートラップとスキルを披露。絹のような繊細さだ」と報じた。

 ブラジル人選手ではFWネイマール(パリ・サンジェルマン)やDFマルセロ(レアル・マドリード)の足技が頻繁に注目を集めるが、コスタのテクニックも二人に負けず劣らずの次元にあると言えるだろう。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング