“日本キラー”元豪代表FWケイヒルがインド移籍 クラブは興奮ツイート「なんて日だ!」

昨季イングランド2部のミルウォールに所属していたFWケイヒル【写真:Getty Images】
昨季イングランド2部のミルウォールに所属していたFWケイヒル【写真:Getty Images】

プロ20年目を迎えた38歳の大ベテランがインド1部ジャムシェードプルFCと契約

 元オーストラリア代表FWティム・ケイヒルが1日、インド1部のジャムシェードプルFCと契約を結んだ。クラブ公式ツイッターは契約書にサインする写真を投稿し、「オゥ! なんて日だ! なんて素敵な日なんだ!」とオーストラリアのレジェンド加入に興奮のメッセージを綴った。

 ケイヒルは1998年にイングランドのミルウォールでプロキャリアを開始。エバートンで8年間プレーしたのち、アメリカ、中国、オーストラリアと渡り歩き、2018年は再びミルウォールに帰還した。

 オーストラリア代表としても通算107試合に出場して50得点をマークし、ワールドカップにも2006年から4大会連続で出場。ドイツ大会での2得点をはじめ、通算5ゴールを挙げていることから“日本キラー”の異名を取った。

 ジャムシェードプルFC公式ツイッターは1日にツイッターを更新。「オゥ! なんて日だ! なんて素敵な日なんだ! ジャムシェードプルの人々よ、ティム・ケイヒルが正式にジャムシェードプルのファミリーの一員になった」と投稿して、契約を結んだことを報告した。ケイヒルも自身のツイッターで「マドリードでのトレーニングキャンプで新しいチームメイトに会えることを楽しみにしている」と綴っている。

 38歳のベテランストライカーはプロ20年目となる節目のシーズン、インドの地でどのようなプレーを見せてくれるだろうか。

【PR】初月は無料期間! DAZNの見逃し配信で最新試合をチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング