高倉監督、なでしこJのアジア大会優勝に感じた課題 「世界一を取ると言うには…」

なでしこジャパン高倉監督【写真:Getty Images】
なでしこジャパン高倉監督【写真:Getty Images】

途中出場のFW菅澤の決勝弾で2大会ぶり2度目の金メダル獲得

 なでしこジャパンは31日のアジア大会決勝戦で、中国を相手に自陣に押し込められる苦しいゲームを後半45分にFW菅澤優衣香(浦和レッズレディース)の決勝ゴールで2大会ぶり2度目の金メダル獲得を果たした。高倉麻子監督は「勝って終わるのは素晴らしいし、みんなで喜びたい」と話した。

【PR】DAZNはサッカー以外にも!画質・コンテンツも続々強化中!

 高倉監督は準決勝から3人のスタメンを変更し、1トップで試合をスタートしたが、苦しいゲームになった。自陣に押し込まれ、ゴール前への侵入を許す場面が目立った。そうした試合だっただけに「本当に苦しい時間帯が多くて難しいゲームだった。選手が耐えてワンチャンスを決めてくれてホッとしているが、課題の多さも感じる」と振り返った。

 そのなかで、高倉監督は“なでしこの精神”は受け継がれていると語った。

「なでしこの選手たちは昔から最後まで諦めずに戦うというところはあり、今の選手たちもそれを受け継いでいると思う」

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング