「死ぬほど素晴らしい」 英解説者もリバプール超新星が放った高精度ロングパスに脱帽

リバプールのDFトレント・アレクサンダー=アーノルド【写真:Getty Images】
リバプールのDFトレント・アレクサンダー=アーノルド【写真:Getty Images】

ガース・クルックス氏がアレクサンダー=アーノルドのプレーを大絶賛

 今季、リバプールのイングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドが、目覚ましいパフォーマンスを見せている。英国営放送「BBC」の解説者を務める元トットナムFWのガース・クルックス氏は同選手を絶賛し、特にプレミアリーグ第3節ブライトン戦でのロングパスは「死ぬほど素晴らしかった」と褒め称えた。

 19歳のアレクサンダー=アーノルドはプレミアリーグ開幕から3戦連続で先発出場し、チームの3連続完封勝利に貢献している。クルックス氏は、自身の執筆するリバプールのウィークリーコラムで、「この選手は見るたびに良くなっている。ブライトン戦では、ここ数年よりもはるかに成熟していた」と振り返った。

「アーノルドがFKで、一人で立っているのにも驚いたよ。(エジプト代表FW)モハメド・サラーや、(元イングランド代表MF)ジェームズ・ミルナーはただ見守っていただけ。しかも、それがバーに当たったんだから。彼は恐れを知らないし、才能がある。前線でプレーするのが大好きなディフェンダーなんだ」

 さらに、このブライトン戦後半にアレクサンダー=アーノルドが出したロングパスをこう大絶賛した。

「私にとって一番良かったのは、逆サイドのサラーの足もとに収まった40ヤード(約37メートル)のロングパス。息を呑んだよ。死ぬかと思った。素晴らしいパスだった」

 今夏のロシア・ワールドカップにも出場した超新星の正確無比な右足のキックに、ただただ脱帽していた。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング