韓国MFイ・ミナ、“美しき歓喜ショット”から一転… 日本に敗戦も称賛「エースの品格」

韓国女子代表【写真:AP】
韓国女子代表【写真:AP】

アジア大会準決勝、INAC所属の韓国MFイ・ミナが日本戦同点弾も1-2敗戦で落胆

 インドネシアで開催中のアジア大会女子サッカー準決勝が28日に行われ、韓国女子代表はなでしこジャパン(日本女子代表)と対戦し、1-2で敗れて決勝進出を逃した。終盤に痛恨のオウンゴールを献上して敗れた韓国だが、なでしこリーグ(日本女子サッカーリーグ)1部INAC神戸レオネッサ所属の韓国MFイ・ミナは、同点ゴールを決めるなど活躍。母国メディアは「一人二役」「エースの品格」と称えている。

【PR】DAZNはサッカー以外にも!画質・コンテンツも続々強化中!

 試合は前半5分、左サイドからのスローインを受けたMF有吉沙織が左足で最終ライン背後にボールを出すと、FW菅澤優衣香が抜け出し、右足アウトサイドでゴール右隅にシュートを決めて日本が先制。そんななか後半23分、右サイドからのクロスになでしこリーグ1部INAC神戸レオネッサ所属のMFイ・ミナが頭で合わせ、1-1の振り出しに戻る。

 決勝点が生まれたのは同41分だった。日本が右サイドからクロスを上げると、ファーサイドで菅澤がヘディングで中央に折り返す。これに対応したDFイム・ソンジュが、頭でクリアを試みるも失敗し、まさかのオウンゴール。結局、これが決勝点となり韓国は1-2と敗れて決勝進出を逃した。

 韓国メディア「インターフットボール」は、「敗北も輝いたイ・ミナ、エースの品格」と報道。「この日先発したイ・ミナは、攻撃の起点として機能。試合全体をコントロールする力、鋭いパス、闘志あふれる姿、そしてゴールと中心的な働きを見せた」と絶賛している。韓国メディア「Dailian」は「イ・ミナが一人二役も超えられなかった日本の壁」と言及。「両チーム中で最も活発な身のこなしを披露。一人で二人分の働きを十分にやり遂げた」と賛辞を送った。

 同点弾の直後、韓国メディアはイ・ミナが歓喜する美しきショットを投稿してゴールを一斉に速報。反撃の狼煙を上げたかに思われた韓国だが、まさかのオウンゴール決着となり、一転して落胆と悔しさを露わにする選手たちの様子を伝えた。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング