アーセナルMFラムジー、契約延長交渉で“エジル式手法” 最終決定を1月まで延期へ

今季限りでアーセナルとの契約が切れるラムジー【写真:Getty Images】
今季限りでアーセナルとの契約が切れるラムジー【写真:Getty Images】

今季限りでアーセナルとの契約が切れるラムジー、同僚エジルと同じ戦略を採用か

 アーセナルに所属するウェールズ代表MFアーロン・ラムジーの契約延長交渉がなかなか進まないなか、ラムジー側は最終決定を1月まで延期し、ドイツ代表MFメスト・エジルと同様の形を取ることに決めたようだ。英紙「デイリー・メール」が報じた。

 アーセナルは現地時間25日にプレミアリーグ第3節でウェストハムと対戦。連敗スタートと苦しい状況のなか、スペイン代表DFナチョ・モンレアルやイングランド代表FWダニー・ウェルベックのゴールで3-1と勝利し、今季初勝利を収めた。

 ウェストハム戦でトップ下からゲームを作ったラムジーは、2008年にアーセナルに加入。ノッティンガム・フォレストやカーディフへのレンタル移籍もありながら、今季は在籍通算11年目のシーズンに挑んでいる。

 チームに残留させたい意向のあるアーセナルは今季で契約が切れるラムジーに対して契約延長交渉を進めているが、いまだ合意には達しておらず、ラムジー側は来年の初めまで決定を待つ可能性が高いとされている。

 そこで浮かび上がってきたのが、昨季にエジルが行った戦略だ。ラムジーは今シーズンが終わるとフリーエージェントとなり、1月以降に他クラブのオファーを聞くことが可能で、それらを精査したうえで新クラブを選択可能になる。昨季、エジルがこのやり方で週給30万ポンド(約4290万円)の契約をアーセナルと結んでおり、ラムジーも待遇アップを求めて同様の手法を使うと見られている。

 ウナイ・エメリ新監督はラムジーの残留を望んでおり、クラブに交渉を成功させるよう促すことは間違いない。果たして、ラムジーの契約延長交渉問題はどんな着地点を見出すのだろうか。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング