元英代表FWオーウェン、キャリア晩年の苦悩告白 「早く引退したいほどの状況だった」

怪我に悩まれた晩年…「引退したくてたまらないような状況だった」

「6、7年間、僕は思うようにプレーできないのが嫌だった。早く引退したいほどの状況だった。そういう状態は、本来の僕ではなかった。素早くプレーし、ボールをつなぎ、ボックスに入っていくこと。それが僕だ。人々は僕のことを、もはや多くのことはできない偉大なゴールスコアラーと考えていた。僕は精神的には十分やれると思っていたけど、肉体的にもう無理だった」

 キャリアの晩年は怪我に悩まされ、思ったようなプレーができなかったことを告白したオーウェン氏。怪我さえなければ、さらに多くのゴールを記録したストライカーとして歴史に名前を残していたかもしれない。

(Football ZONE web編集部)


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング