J初ゴールのトーレス、鳥栖の“新ホットライン”に喜び 福田から「素晴らしいアシスト」

リーグ戦初ゴールをマークしたトーレス【写真:Getty Images】
リーグ戦初ゴールをマークしたトーレス【写真:Getty Images】

福田からトーレスへ、公式戦2試合連続で“ホットライン”が炸裂

 サガン鳥栖は26日、J1第24節でガンバ大阪と本拠地で対戦し、3-0で快勝を収めた。元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスはこの日2アシストを記録すると、後半41分には待望のリーグ戦初ゴールをマーク。全3得点に絡む活躍で、勝利の立役者となった。

マリノス大津&山中コンビをレベルアップさせたレイソル若手コンビ秘策のリフティングチャレンジとは?

 22日に行われた天皇杯ラウンド16のヴィッセル神戸戦(3-0)で移籍後初ゴールを記録し、迎えた16位鳥栖と17位G大阪による残留争いの大一番。試合が動いたのは後半3分だった。FW小野裕二が敵陣でボールを受けると、トーレスに縦パスを供給。これをトーレスが丁寧に落とすと、小野が右足で強烈なダイレクトシュートを放つ。これが相手DFに当たり、ゴール左へと流れ込んだ。

 勢いに乗る鳥栖は同14分、ロングフィードに競り勝ったトーレスがFW金崎夢生へボールを渡すと、ワンツーで再びボールを受ける。右サイドで前を向き、再びボックス手前に構えていた金崎にパスを通すと、これを金崎がダイレクトで左足を一閃。ゴール左隅に突き刺さり、移籍後初ゴールとなる追加点を奪った。

 そして待望のシーンは同41分に訪れる。カウンターの場面でMF福田晃斗がクロスを上げると、ゴール前で構えていたトーレスがダイビングヘッドを突き刺し、公式戦2試合連続となる一撃でJリーグ初ゴールを記録した。ゴール直後には、トーレスの真骨頂でもある、両手で弓を射るゴールパフォーマンスを披露し、会場を大いに沸かせた。

 試合後のヒーローインタビューを受けたトーレスは、開口一番に「Jリーグ初ゴールができてとても嬉しい」と喜びの言葉を口にした。そして、22日に行われた天皇杯の神戸戦で移籍後初ゴールを記録した時と同じく、Jリーグ初ゴールもMF福田晃斗のアシストから生まれた。

「またアキトの素晴らしいプレーからアシストしてもらった。私も今日はアシストできたから、完璧な試合にすることができた」

 トーレスは福田へ感謝の意を示し、1ゴール2アシストと大車輪の活躍を披露した一戦に満足感を示した。公式戦2試合連発と好調なトーレスと福田のホットラインは、J1残留を目指す鳥栖にとって最大の起爆剤となりそうだ。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング