「神の子健在!」 鳥栖トーレスの1得点2アシストを海外絶賛 「誰も彼を止められない」

リーグ戦初ゴールをマークしたトーレス【写真:Getty Images】
リーグ戦初ゴールをマークしたトーレス【写真:Getty Images】

全3得点に絡む活躍で勝利の立役者となったトーレス、移籍後初ゴールもマーク

 サガン鳥栖は26日、J1第24節でガンバ大阪と本拠地で対戦し、3-0と快勝した。鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスはこの日2アシストを記録すると、後半41分には待望のリーグ戦初ゴールと全3得点に絡む活躍で勝利の立役者となり、海外メディアも「誰も彼を止められない」「神の子健在」と報じている。

【PR】試合当日に密着したDAZN×名古屋グランパスのドキュメンタリー番組『The Locker Room』配信中!

 残留争いを繰り広げるG大阪との一戦で、鳥栖は4-3-2-1のクリスマスツリーシステムを採用。前半を0-0で折り返すと、後半3分にトーレスの落としからFW小野裕二が強烈なシュートを放ち、これが相手に当たってそのままゴールに吸い込まれた。さらに同14分、ロングフィードに競り勝ったトーレスが起点となってパスを供給し、FW金崎夢生の移籍後初ゴールで2-0とリードを広げた。

 そして、待望のシーンは同41分に訪れる。カウンターからMF福田晃斗がクロスを上げると、ゴール前で構えていたトーレスがダイビングヘッドでJリーグ初ゴール。その直後には、トーレスが十八番とする両手で弓を射るゴールパフォーマンスを披露し、会場を大いに沸かせた。

 “神の子”の愛称を持つトーレスが1ゴール2アシストと大爆発し、その活躍を海外メディアも速報。スペイン紙「AS」が「誰も彼を止められない」と報じれば、米スポーツ専門テレビ局「EPSN」のスポーツ情報番組「スポーツセンター」も「神の子健在! 2アシスト後、残留争いのライバルから1ゴール」と絶賛した。

 移籍当初は苦戦を強いられていたトーレスだが、22日の天皇杯4回戦・ヴィッセル神戸戦で公式戦初ゴールをマークすると、この日のG大阪戦でJ1初ゴールをマーク。これで公式戦2試合連続ゴールとなり、大爆発の予感を漂わせている。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング