ドルトムント移籍合意のFWアルカセル 香川らの“創造性”が復活の鍵と海外メディア報道

(左から)香川、アルカセル、マルコ・ロイス【写真:Getty Images】
(左から)香川、アルカセル、マルコ・ロイス【写真:Getty Images】

バルサで不遇のスペイン代表FW、レンタル移籍で合意報道

 バルセロナのスペイン代表FWパコ・アルカセルは、買い取りオプション付きのローン契約でドルトムント移籍に合意した。海外メディアでは日本代表MF香川真司やドイツ代表MFマルコ・ロイスら、クリエイティビティー溢れる選手との競演で、かつての輝きを取り戻す可能性があると指摘している。

 スペイン紙「マルカ」のレポートによると、ドルトムントはバルセロナに対してレンタル料として220万ユーロ(約2億8000万円)を支払うという。また、契約には完全移籍に移行するオプションも付いているようで、ドイツ紙「ビルト」によれば買い取り料は約2500万ユーロ(約32億円)だと報じられている。

 24歳のアルカセルはバレンシアで2013-14シーズンにブレイク。14-15シーズンに11得点、15-16シーズンに13得点を決めるなど安定した活躍を見せ、16年夏にバルセロナに引き抜かれた。

 しかし、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス、ブラジル代表FWネイマール(現パリ・サンジェルマン)らの壁を超えることはできず、出番は限られていた。

 アルカセルはスペイン代表からも遠ざかるなかで、出場機会を求めて移籍を決断。ストライカーを求めていたドルトムントにとっては待望の補強となる。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング