「自分たちで首を絞めた」 なでしこ高倉監督、ベスト4進出も決定機逸の連続に苦言

なでしこジャパン高倉監督【写真:Getty Images】
なでしこジャパン高倉監督【写真:Getty Images】

北朝鮮を撃破するも大会制覇への課題は…「まだ精度は足りない」

 なでしこジャパン(日本女子代表)の高倉麻子監督は、25日に行われたアジア大会の準々決勝で前回王者の北朝鮮に2-1で勝利したが「自分たちで首を絞めた」と厳しい表情を崩さなかった。

 日本は一進一退のなかで迎えた前半40分にコーナーキックからFW岩渕真奈(INAC神戸レオネッサ)のゴールで先制すると、後半17分にもMF長谷川唯(日テレ・ベレーザ)が追加点。反撃を1点に抑えて勝利したが、特に後半は決定機を逃す場面が目立った。

「厳しい試合になることは分かっていたが、前半からリズム良くボールを動かせずにテンポが悪かったので、見ていてもどかしいところはあった。選手が粘り強く戦っていたけれども、決めるべきところで決めないとゲームが思った以上に苦しくなってしまう。自分たちで首を絞めた」

 高倉監督は厳しく評価を下したが、そのなかで長谷川のゴールが光明だった。MF有吉沙織(日テレ・ベレーザ)からパスを受けた長谷川はワンタッチでフリックパスをFW菅澤優衣香(浦和レッズ・レディース)に当て、リターンを受けるとトラップからそのままボールを落とさずに右足ボレー。鮮やかなシュートがゴールに吸い込まれた。目指すべきコンビネーションからのゴールに「いろいろな選手が関わるコンビネーションもあり、そこで点を取れたのは良かった」と話した。

 準決勝は中2日で韓国と対戦する。厳しい大会日程だけに「まだ精度は足りない。次に向けてはコンディションの回復が重要。簡単なミスが多いのは芝の状態が悪く難しさはあるが、修正したい」と4強以降の戦いを見据えた。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング