ヤングなでしこ、U-20W杯優勝の表彰式でファン魅了の“列車スタイル大行進”ショット

U-20日本女子代表は、U-20女子ワールドカップ初優勝を飾った【写真:Getty Images】
U-20日本女子代表は、U-20女子ワールドカップ初優勝を飾った【写真:Getty Images】

U-20女子W杯決勝でスペインに3-1勝利、表彰式で縦一列に並んで肩に手を乗せて登場

 ヤングなでしこの愛称を持つU-20日本女子代表は、現地時間24日にフランスで開催されたU-20女子ワールドカップ(W杯)決勝でスペインを3-1と撃破し、大会初優勝を飾った。試合後にピッチ内で表彰式が行われたなか、優勝メダルを受け取る日本の選手たちが“列車スタイル”で大行進している様子が捉えられている。

【PR】DAZNはサッカー以外にも!画質・コンテンツも続々強化中!

 2勝1敗でグループリーグ2位通過を果たした日本は、準々決勝でドイツに3-1、準決勝でイングランドに2-0と勝利。決勝では、グループリーグで0-1と惜敗したスペインと再び激突した。

 序盤こそ相手の勢いに押される場面もあったが、前半38分にMF宮澤ひなた(日テレ・ベレーザ)が約20メートルのミドルシュートを叩き込んで日本が先制。後半12分にFW宝田沙織(セレッソ大阪堺レディース)が華麗な連係から流し込むと、同20分には10番を背負うMF長野風花(仁川現代製鉄)が追加点を奪った。その後に1点返されたが、最終的に3-1で日本が悲願の初優勝を飾っている。

 試合後には激闘を終えたばかりのピッチ上で大会表彰式が行われた。準優勝に終わったスペインの選手たちが複雑な表情を浮かべてメダルを受け取り、日本の番が訪れる。すると日本の選手たちは縦一列に並び、前の人の肩に手をかける“列車スタイル”で大行進を始めた。

 2012年のロンドン五輪で銀メダルを獲得した先輩格のなでしこジャパン(日本女子代表)も、同様の行進を披露している。アメリカとの激闘となった決勝は1-2と惜敗したものの、日本サッカー史上初の五輪銀メダルの偉業を達成。表彰式に向かう入場シーンで、前の選手の肩に手を乗せる“列車スタイル”で登場して話題を集めた。

 そして今大会ではそのスタイルが受け継がれ、ヤングなでしこたちが見せた歓喜の“列車スタイル大行進”は多くの人の目に触れ、写真にも収められている。日本女子サッカー界では、A代表とU-17でW杯を制しており、今回の優勝で3世代W杯制覇という世界初の快挙を成し遂げたが、表彰式でもファンを楽しませていた。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング