勝者の日本、敗者のスペイン U-20女子W杯後に「廊下で驚くべき瞬間」ショット公開

試合終了後、スペイン選手の元へ駆け寄るMF林穂之香【写真:Getty Images】
試合終了後、スペイン選手の元へ駆け寄るMF林穂之香【写真:Getty Images】

U-20女子W杯決勝、日本がスペインに3-1勝利 ユニフォーム交換や撮影で試合後に交流

 ヤングなでしこの愛称を持つU-20日本女子代表は、現地時間24日にフランスで開催されたU-20女子ワールドカップ(W杯)決勝でスペインを3-1と撃破し、初優勝を飾った。試合後、大会公式ツイッターは歓喜の日本選手と失意のスペイン選手が会場の廊下でユニフォーム公開している写真を公開し、「驚くべき瞬間」と記している。

【PR】DAZNはサッカー以外にも!画質・コンテンツも続々強化中!

 日本はグループリーグ第2戦でスペインに0-1と敗れたが、2勝1敗でグループを2位通過。その後、ドイツ(3-1)、イングランド(2-0)を退けて決勝に駒を進めた。決勝の相手は、今大会唯一の敗北を喫したスペインで、日本にとってはリベンジマッチとなった。

 試合は前半38分にMF宮澤ひなた(日テレ・ベレーザ)が約20メートルのミドルシュートを叩き込んで日本が先制。後半12分にFW宝田沙織(セレッソ大阪堺レディース)、同20分にMF長野風花(仁川現代製鉄)が追加点を奪って3-0とリードしたなか、その後に1点返されるも、3-1で逃げ切った日本が悲願の大会初優勝を飾った。

 A代表とU-17世代でW杯優勝を飾っていた日本にとって、唯一世界女王に輝いていない大会だったが、ついに悲願の頂点にたどり着いた。スペインも初優勝を狙っていたが、日本に屈して涙を呑んでいる。

 試合直後、勝者と敗者のコントラストが鮮明に浮かび上がったなか、会場の廊下では心温まる場面も見られた。大会公式ツイッターでは「決勝後、スタジアムの廊下で驚くべき瞬間」と記し、試合後に日本とスペインの選手たちが交流している2枚の写真を投稿。日本の8番MF福田ゆい(INAC神戸レオネッサ)と、1ゴールを決めたスペインの15番FWカンデラ・アンドゥハル(FCバルセロナ・フェメニーノ)がそれぞれのユニフォームを交換した様子などを伝えている。

 激闘を終えた選手たちは試合後に互いの健闘を称え合い、心を通わせていた。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング