「誰が発明?」 ヤングなでしこ、世界一肉薄の“くねくねダンス写真”に13万超「いいね!」

U-20女子W杯、初の決勝進出を決めたU-20女子日本代表【写真:Getty Images】
U-20女子W杯、初の決勝進出を決めたU-20女子日本代表【写真:Getty Images】

イングランド撃破、U-20女子W杯で初の決勝進出 試合後のダンス写真で反響拡大

 “ヤングなでしこ”の愛称を持つU-20女子日本代表は20日、フランス開催のU-20女子ワールドカップ(W杯)準決勝イングランド戦で2-0と勝利し、初の決勝進出で“世界一”まであと1勝に迫っている。大会公式インスタグラムでは、イングランド戦後に日本の選手たちが披露した“くねくねダンス”を捉えた写真をアップ。ファンの間で瞬く間に話題となり、「いいね!」が13万件を突破するなど反響が拡大している。

 準々決勝でドイツを3-1と退けてた日本は、イングランドと激突。0-0で迎えた前半22分、エースFW 植木理子(日テレ・ベレーザ)が相手を背負った状態でパスを受けると、反転からの右足シュートでネットを揺らした。さらに同27分、MF宮澤ひなた(日テレ・ベレーザ)がドリブルで侵入して左足でミドルシュート。ボールはクロスバーに当たるも、こぼれ球をMF遠藤純(JFAアカデミー福島)が頭で押し込んで2点目を奪った。

 相手の攻撃に晒される時間帯もあったが、ゴールを与えずに日本が2-0と完封勝利。U-20 女子W杯で最高3位の日本にとって初のファイナル進出となった。世界の頂まであと一歩に迫った日本は、イングランドとの激闘を終えると喜びを爆発させたが、大会公式インスタグラムでは日本の選手たちがダンスする写真を公開してファンから様々な声が上がった。

 21日の投稿から2日が過ぎても反響は止まず、「いいね!」の件数も伸び続けている。返信欄では、「クール」「何ダンス?」「ビバ・ジャパン」「そのダンス、誰が発明したの?」などのコメントが新たに並んだ。

 決勝は、グループリーグで0-1と敗れたスペインとのリベンジマッチ。24日の決勝(現地19時30分/日本時間25日2時30分)でヤングなでしこは因縁の相手を破り、優勝という最高の形で大会を締めくくることができるだろうか。

【PR】サッカー観るならDAZN! 今なら1カ月無料で体験可能!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング