「もはや皿洗いじゃない」 2発で本田所属の豪王者撃破、苦労人の日本人FWを海外絶賛

APIA所属のFW関谷祐【写真:Getty Images】
APIA所属のFW関谷祐【写真:Getty Images】

本田不出場のメルボルン・V相手にAPIA関谷が2ゴールを挙げ、大金星の立役者に

 MF本田圭佑が電撃移籍したオーストラリアで、注目を集めている日本人がいる。2部APIAライカールト・タイガースのFW関谷祐は、本田が加入した昨季1部王者メルボルン・ビクトリーと対戦した21日のFFAカップ・ベスト16で2ゴールを挙げる活躍を見せ、3-2の勝利に貢献。サッカーをする傍ら、アルバイトで生計を立てる苦労人のサクセスストーリーに、海外ファンから「彼はもはや皿洗いじゃない」「オーストラリアン・ドリーム」との声が上がっている。

 注目の本田はベンチ外でオーストラリアデビューはお預けとなったなか、この一戦では“もう一人の日本人選手”がスタメンに名を連ねた。それが日本代表DF遠藤航(シント=トロイデン)と湘南ベルマーレユースの同期で、2016年からAPIAでプレーする関谷だ。

 2部リーグにあたるナショナル・プレミアリーグ・ニューサウスウェールズのAPIAで今季20試合10得点を記録する25歳は、前半9分にいきなり魅せた。ドリブル突破で右サイドを駆け上がってペナルティーエリア内に侵入すると、相手マーカーの寄せが甘いと見るや右足を一閃。対角線上に放ったグラウンダーのシュートは、GKの手の先をすり抜けると左ポストをかすめてゴールに吸い込まれた。関谷は後半2分にこの日2点目もマーク。その後、APIAは同点に追いつかれたが、後半35分にセットプレーから決勝ゴールを奪い、3-2で昨季Aリーグ王者のメルボルン・ビクトリーを破る大金星を挙げた。

 地元オーストラリアメディアでは、「セキヤがFFAカップで主役になる」「ホンダは不在だったが、他の日本人選手がショーのスポットライトを奪った」と報じられていたが、サッカーをする傍ら、皿洗いのアルバイトをするシドニー・オペラハウスも公式ツイッターで偉大なる日本人プレーヤーを祝福している。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング