トーレスが「恐怖に終止符」 待望の日本初得点に海外称賛「針の穴を通すようなシュート」

サガン鳥栖FWトーレス【写真:Getty Images】
サガン鳥栖FWトーレス【写真:Getty Images】

公式戦8試合目の天皇杯神戸戦、「ストライカーの本能を披露」して待望の初ゴール

 今夏にサガン鳥栖へ加入した元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスは、22日に行われた天皇杯ラウンド16のヴィッセル神戸戦(3-0)で移籍後初ゴールを決めた。待望の一撃に、海外メディアも「ストライカーの本能を披露」「恐怖に終止符」とスポットライトを当てている。

マリノス大津&山中コンビをレベルアップさせたレイソル若手コンビ秘策のリフティングチャレンジとは?

 15歳の頃から切磋琢磨してきた神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタとの競演に注目が集まった一戦は、両者ともにベンチスタート。後半11分にイニエスタ、同19分にトーレスが投入され、世界的スターが日本のピッチで顔を合わせる歴史的瞬間が訪れた。

 そして後半39分、トーレスに待望の初ゴールが生まれる。鳥栖MF福田晃斗が左サイドからドリブルでペナルティーエリアに侵入すると、マイナスのパスを供給。中央に走り込んでいたトーレスが右足で合わせ、コースを突いた一撃でゴール右隅に流し込んだ。

 公式戦8試合目で移籍後初ゴールを決めたトーレスに、海外メディアも注目。フランス紙「レキップ」は、「新たなクラブで7試合続いていた恐怖に終止符を打った」と報道。また、英紙「ザ・サン」は「初めてのスコアラーとなるまで、600分の時間を費やした」としながらも、「トーレスはスペースを見出し、針の穴を通すような冷静なシュートを放ち、ストライカーの本能を披露した。とても安心した表情を浮かべていた」と、プレッシャーから解放されたことを伝えている。

 鳥栖はリーグ戦では16位と苦しんでいるが、待ち望んだ“神の子”トーレスの初ゴールが、反攻に向けた最大の起爆剤となるかもしれない。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング