「ようこそ」 イブラがディ・マリアのPSG入りを歓迎

「彼が来ることでチームは向上する」

 パリ・サンジェルマン(PSG)のスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチは、PSG移籍で合意に達したと報じられているマンチェスター・ユナイテッドMFアンヘル・ディ・マリアの加入を歓迎している。フランス地元紙「ル・パリジャン」が報じている。
 昨夏に英国史上最高額の移籍金でレアル・マドリードからユナイテッドの加入したディ・マリアだが、わずか1年でパリに活躍の場を移そうとしている。PSGのローラン・ブラン監督は移籍実現に関して「とても近い」と語るほど、天才ドリブラーはユナイテッドからの離脱が時間の問題となっている。そんな中、パリに君臨するカリスマがディ・マリアに歓迎のコメントを出している。
「ようこそ。ディ・マリアは彼のクオリティーをもらたしてくれるいい選手。彼が来ることでチームは向上するだろう」
 そう語るイブラヒモビッチはACミラン、マンチェスター・ユナイテッドなどへの移籍話が浮上している。だが、カリスマ残留の線も強くなっている。ピッチ内の指揮官とも呼ぶべきパリの元締の歓迎発言は、事実上のディ・マリア移籍発表かもしれない。
【了】
サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド