守備不安定な横浜FM、ブラジル人DFチアゴ・マルチンスを期限付き移籍で獲得

横浜F・マリノスは、パルメイラスからDFチアゴ・マルチンスを期限付き移籍で獲得【写真:Getty Images】
横浜F・マリノスは、パルメイラスからDFチアゴ・マルチンスを期限付き移籍で獲得【写真:Getty Images】

パルメイラスから加入、失点数リーグワースト2位の守備を立て直せるか

 J1の横浜F・マリノスは14日、ブラジル1部パルメイラスからDFチアゴ・マルチンスを期限付き移籍で獲得したことを発表した。

【PR】試合当日に密着したDAZN×名古屋グランパスのドキュメンタリー番組『The Locker Room』配信中!

 23歳のブラジル人センターバックであるチアゴ・マルチンスは、これまでパルメイラスのほか、バイーアやパイサンドゥなど母国でプレー。初の海外挑戦に「このチャンスをいただき大変嬉しく思います。横浜F・マリノスのユニフォームを着て皆さんの前でプレーすることがとても待ち遠しいです」とクラブを通じてコメント。さらに自身のプレースタイルについては、「ビルドアップや1対1のデュエルの部分が自分の特長だと思っていますし、欲を言えばゴールも狙っていきたいと思っています」と語っている。

 横浜FMは現在、消化試合数が1試合少ないものの勝ち点23の13位に低迷しており、プレーオフに回る16位V・ファーレン長崎とは勝ち点2差、自動降格圏の17位ガンバ大阪とは同3差で予断を許さない状況となっている。

 これまで伝統的に堅守を武器にしていた横浜FMだが、今季就任したアンジェ・ポステコグルー監督が攻撃的なサッカーを目指していることも影響し、失点数37はリーグワースト2位。今夏の移籍市場ではDFミロシュ・デゲネク(→レッドスター・ベオグラード)、DF金井貢史(→名古屋グランパス)が退団し、セルビア人DFドゥシャン・ツェティノヴィッチを獲得するなど、守備陣の顔ぶれが大きく変わっている。

 残留に向けて、守備を立て直すことができるだろうか。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング