プレミアリーグ監督20人「解任危険度ランキング」 英誌が選んだ不名誉な1位は?

(左から)モウリーニョ監督、グアルディオラ監督、クロップ監督、エメリ監督、サッリ監督、ポチェッティーノ監督【写真:Getty Images】
(左から)モウリーニョ監督、グアルディオラ監督、クロップ監督、エメリ監督、サッリ監督、ポチェッティーノ監督【写真:Getty Images】

昨季は9月にフランク・デ・ブール監督が解任 今年最初の“被害者”を予想

 10日のマンチェスター・ユナイテッド対レスター・シティの一戦を皮切りに、2018-19シーズンのプレミアリーグの幕が開いた。英サッカー専門誌「フォー・フォー・トゥー」は、今季のプレミアリーグで指揮を執る全監督を、解任される可能性の高い順にランキング化。マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督らが下位となったなかで、1位には日本代表FW武藤嘉紀が移籍したニューカッスルのラファエル・ベニテス監督が選ばれた。

 昨季を思い返せば、クリスタル・パレスのフランク・デ・ブール監督が9月中旬に、リーグ史上最短となるわずか4試合で解任。近年のプレミアリーグを見ても9月から10月にかけて一人、二人の監督が解任される傾向にあり、今季も誰が最初の“被害者”となるのかは注目のポイントだろう。

 ランキングの下位には、昨季に結果を残した指揮官や今季新たに就任した指揮官が並ぶ。12年からチームを指揮し、2年連続でバーンリーをプレミア残留に導いたショーン・ダイチ監督が20位。また昨季の優勝監督であるシティのグアルディオラ監督が19位、今季から新たにアーセナルの指揮を執るウナイ・エメリ監督が17位に入った。

 解任の可能性が高いと予想された上位陣で気になるのは、マヌエル・ペジェグリーニ監督とジョゼ・モウリーニョ監督の二人。前者は大型補強を敢行したウェストハムの新指揮官に就任し、結果が求められるシーズンとなる。一方、後者は補強に失敗したなかで、どのように現有戦力をやりくりし、優勝争いに絡んでいけるかがカギとなりそうだ。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング