「年間大失敗賞の主演に」 スコットランドGKの“ゴール前フェイントミス”に世界騒然

ダンディーFCの守護神ハミルトン【写真:Getty Images】
ダンディーFCの守護神ハミルトン【写真:Getty Images】

スコティッシュ・プレミアシップ開幕戦でダンディーFC守護神ハミルトンが失態

 スコティッシュ・プレミアシップが現地時間4日に開幕。8連覇を目指す絶対王者セルティックや、今季から元イングランド代表のスティーブン・ジェラード監督が率いるレンジャーズなど、見所満載の新シーズンを迎えた。そんななか開幕戦で注目が集まったのは、ダンディーFCの痛恨ミスだった。

 ダンディーFCはセント・ミレンと対戦し、1-2で敗戦。開幕黒星スタートを余儀なくされたが、対戦相手に与えた決勝ゴールは、GKジャック・ハミルトンによる痛恨ミスから生まれたものだった。

 1-1で迎えた後半38分、左サイドからバックパスを受けたハミルトンは、プレッシングをかけてきた相手FWに対し、ゴール前で突如フェイントを仕掛ける大胆なプレーに出る。普段の試合で相手をかわす場面はそう訪れるものではなく、普段やり慣れていないのもあり、大事な局面で足がもつれてしまい転倒。そのままボールをかっさられ、失点を招いてしまった。

 この一連のプレーに世界が注目。スペイン紙「アス」メキシコ版は「GKの誰もが避けたいと願う最も恥ずかしいミス」と見出しを打って特集。ホンジュラスメディア「Diario Diez」も、「スコットランドGKが年間大失敗賞の主演に」と紹介し、守護神の失態にスポットライトを当てていた。

 自身のフェイントミスから失点して敗れただけに、守護神ハミルトンにとってはトラウマにもなり得るワンプレーとなってしまったのかもしれない。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング