本田圭佑の豪州上陸に英紙も注目 「デル・ピエロ、同胞シンジ・オノ以来のスター」

メルボルン・ビクトリーへの加入が決まった本田【写真:Getty Images】
メルボルン・ビクトリーへの加入が決まった本田【写真:Getty Images】

メルボルン・ビクトリーへの移籍が決定、「Aリーグ最新の看板選手」と英紙も特集

 オーストラリア1部メルボルン・ビクトリーは6日、日本代表MF本田圭佑の獲得を発表。日本のスターのオーストラリア上陸に英紙も注目している。

【PR】DAZNはサッカー以外にも!画質・コンテンツも続々強化中!

 本田は昨季限りでパチューカを退団。ロシア・ワールドカップ(W杯)での戦いを経て、次なる新天地に注目が集まっていた。

 メルボルン・ビクトリーの本田加入発表を受け、サッカーの母国も反応。英紙「ガーディアン」は「Aリーグ最新の看板選手」と見出しを打って特集を組んだ。

「Aリーグはついに新たなビッグネームのスター選手を招き入れた。メルボルン・ビクトリーが日本のケイスケ・ホンダとの契約を勝ち取った」

 記事では、本田が代表通算98試合に出場し、37ゴールを決めていることを紹介。また、W杯の大舞台で3大会連続ゴールを記録していると説明した。また、イタリアやロシアの名門でキャリアを積んだ大物のAリーグ参戦は久しい出来事であることも指摘している。

「ACミランやCSKAモスクワで活躍した選手が、Aリーグで世界的認知を得たスターとなる。それはデル・ピエロやヘスキー、ビジャ、そして彼の同胞であるシンジ・オノ以来だ」

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング