首位の広島、PKやり直し&キッカー変更の珍事 横浜GKがPKストップも反則判定で…

広島MF青山のPKは失敗かと思われたが…【写真:荒川祐史】
広島MF青山のPKは失敗かと思われたが…【写真:荒川祐史】

横浜FMのGK飯倉が反則でやり直し、広島はキッカーをMF青山からFWパトリックに変更

 J1リーグ第19節が8月1日に行われ、首位・サンフレッチェ広島と13位・横浜F・マリノスが対戦。広島が前半アディショナルタイムにPKをストップされるも相手GKの反則によりやり直しとなり、しかもPKキッカーを交代する珍事が起こった。

 広島は前半42分、ショートコーナーから主将MF青山敏弘がクロスを上げると横浜FMのFW仲川輝人のハンドを誘ってPKを獲得した。

 キッカーを務めた青山が左下を狙ったシュートは、横浜FMのGK飯倉大樹が見事にストップ。しかし、飯倉がゴールラインよりも前に飛び出して防いだと判定が下り、イエローカードが提示されるとともにPKのやり直しとなった。

 ここで広島は一本目を蹴った青山からキッカーをFWパトリックに変更。ブラジル人助っ人は飯倉の逆を突いてゴール左下に突き刺し、貴重な先制点をもたらした。PKやり直しとキッカー変更が同時に起こる珍事となった。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

(Football ZONE web編集部)

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング