リバプール新加入シャキリ、オーバーヘッド弾デビューの反響拡大 「千両役者」「アンリアル」

マンU戦で鮮烈なオーバーヘッドキック弾を披露したシャキリ【写真:AP】
マンU戦で鮮烈なオーバーヘッドキック弾を披露したシャキリ【写真:AP】

ICCユナイテッド戦で鮮烈なデビュー弾を決め、ツイッターに「誇らしい」と動画を投稿

 今夏リバプールに移籍したスイス代表MFジェルダン・シャキリは、現地時間28日に行われたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)のマンチェスター・ユナイテッド戦(4-1)で鮮烈なオーバーヘッドキック弾を披露。自身のツイッターで「このようなデビューを飾れて誇らしい」と綴ると、「千両役者」「アンリアル」と身長169センチの“小さな巨人”に称賛が相次いだ。

 バーゼルでプロキャリアをスタートさせたシャキリは、バイエルンやインテルとビッグクラブを渡り歩き、2015-16シーズンからストークでプレー。ロシア・ワールドカップ(W杯)でもスイス代表の中核を担い、グループリーグ第2戦のセルビア戦(2-1)では決勝ゴールを奪うなど、インパクトを残していた。

 そして今夏、1300万ポンド(約19億円)でリバプール移籍を果たし、ユナイテッド戦で新天地デビュー。25日にチームに合流したばかりだったが、後半開始と同時にピッチに立つと、終了間際にGKが一歩も動けない鮮やかなオーバーヘッドキックでゴールネットを揺らし、4-1での大勝に貢献した。

 試合後にはユルゲン・クロップ監督が「クラブに来てからまだ4日で、これほどプレースタイルに適応するなんて普通じゃない」と脱帽し、各国メディアも「衝撃のオーバーヘッド」「オーバーヘッドマジックだ」と速報。そんななか、シャキリも自身の公式ツイッターで得点シーンの映像とともに、「リバプールのためにこのようなデビューを飾れて誇らしい」と綴ると、ファンから称賛の嵐となった。

「アンリアル」
「千両役者」
「レジェンド」
「スイスのメッシ」
「超一流。100点だ」
「君こそキング」

 29年ぶりのリーグ優勝へ、“小さな巨人”は大きな戦力となりそうだ。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング