日本と対戦したセネガル代表DF、FW顔負けの“ラボーナ弾”に称賛 「もはや台風」

セネガル代表DFカリドゥ・クリバリ【写真:Getty Images】
セネガル代表DFカリドゥ・クリバリ【写真:Getty Images】

ナポリの長身DFクリバリ、1対1の練習で軽快なドリブルから巧みな一撃

 カルロ・アンチェロッティ新監督を迎えたナポリは、29日に同じセリエAのキエーボと親善試合を行う。イタリア国内で調整を続けるなか、クラブ公式ツイッターが守備の要であるセネガル代表DFカリドゥ・クリバリが練習中に見せたラボーナ弾の動画を公開。圧巻の一撃に「モンスターだ」「FWに置こう」「もはや台風」とファンも驚嘆している。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、来季からCL・ELも放送することご存知ですか?

 2014年からナポリでプレーするクリバリは、セネガル代表の一員としてロシア・ワールドカップ(W杯)に出場。身長195センチ・89キロの巨漢を生かした守備でディフェンスリーダーを担い、グループリーグ第2戦では日本代表の前に立ちはだかった。

 ロシアW杯を終えてチームに合流。ナポリ公式ツイッターが26日に公開した動画では、8月19日の開幕戦(ラツィオ戦)に向けて順調な仕上がりぶりがうかがえる。

 映像では、1対1の練習と思われるシチュエーションで、長身のクリバリが足裏でのボールタッチやシザースフェイントを交えながら軽快にドリブル。持ち上がってペナルティーエリア内に侵入すると、利き足の右足でシュートすると見せかけ、足をクロスさせて、左足を軸足の後ろに通してミートする“ラボーナ”でシュートを狙った。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング