オランダ得点王のイランFW、ブライトン移籍決定 クラブ史上最高25億円でプレミア参戦へ

ジャハンバフシュが、AZアルクマールからブライトンへ移籍することが決まった【写真:Getty Images】
ジャハンバフシュが、AZアルクマールからブライトンへ移籍することが決まった【写真:Getty Images】

アジア人初の欧州主要リーグ得点王に輝いたアリレザ 5年契約で念願の英挑戦

 昨夏にオランダ1部エールディビジで21ゴールを決めて、欧州主要リーグでアジア人初の得点王となったイラン代表FWアリレザ・ジャハンバフシュが、AZアルクマールからプレミアリーグのブライトンへ移籍することが決まった。5年契約で、移籍金はクラブ史上最高額となる1700万ポンド(約25億円)となる。

 24歳にしてイラン代表41キャップを誇り、ロシア・ワールドカップでも3試合に出場したアリレザ。AZでは昨季33試合21ゴールをマークして得点王を獲得していた。

 ブライトン公式サイトは、アリレザ獲得がクラブ史上最高額になるとしたうえで、金額は非公表としたが、英地元紙「The Augus」は1700万ポンドと報じた。クラブにとっては今夏8人目の補強となっている。

 クリス・ヒュートン監督は「彼はワイドのポジションでも、中央の攻撃的MFの役割でもプレーできる。彼と一緒に働くのが楽しみ」と大きな期待を寄せている。

 アリレザ自身は「3年前にもここへ来るチャンスはあったが、イングランドへ移籍するにあたって正しい場所ではなく、正しいタイミングではなかった」と語り、「チームを助け、重要な選手になるためにここへ来た」と、3年越しのプレミアリーグ挑戦への意気込みを明かした。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング