C・ロナウドは肉体も規格外 驚異の体年齢“20歳”、神童ムバッペに次ぐ最高速をマーク

ピッチでもゴール後にユニフォームを脱ぎ去り、筋肉隆々の肉体美を惜しげもなく披露してきたロナウド【写真:Getty Images】
ピッチでもゴール後にユニフォームを脱ぎ去り、筋肉隆々の肉体美を惜しげもなく披露してきたロナウド【写真:Getty Images】

衛星放送「ビーイン・スポーツ」が体脂肪率7%、筋肉量50%と報道

 レアル・マドリードからユベントスへと移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、33歳となった今も強靭な肉体をキープし、ゴールを決め続けている。バロンドール史上最多タイの5度受賞を誇るカリスマの体年齢は、実年齢よりも10歳以上も若い20歳であることが分かった。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、今季からCL・ELも放送することご存知ですか?

 ピッチでもゴール後にユニフォームを脱ぎ去り、筋肉隆々の肉体美を惜しげもなく披露してきたロナウド。衛星放送「ビーイン・スポーツ」によれば、その体脂肪率は7%をキープ。同年齢のプロサッカー選手の平均値が10%とも言われており、それを軽々と上回っている。また、筋肉量の数値でも平均が46%であるのに対し、ロナウドは50%だという。

 さらにスプリント走の計測では、瞬間最高時速33.98kmを記録。これは19歳のフランス代表FWキリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)を凌ぐ速さだとされている。

 希代のゴールゲッターは衰えを見せるどころか、若い選手たちをも上回る驚異のフィジカル能力を示している。セリエA初挑戦に向けて、肉体面の不安は全くなさそうだ。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング