浦和FW興梠がエースの仕事 ニアをぶち抜く“ノーバン反転ボレー弾”が炸裂

浦和レッズFW興梠は、C大阪戦でトラップからの反転ボレーで貴重な同点ゴールを奪った【写真:Getty Images】
浦和レッズFW興梠は、C大阪戦でトラップからの反転ボレーで貴重な同点ゴールを奪った【写真:Getty Images】

後半33分、ファブリシオの落としをトラップからの反転ボレーで同点に追いつく

 J1浦和レッズは22日のリーグ第17戦でセレッソ大阪と対戦。立ち上がりに先制点を許す苦しい試合展開のなか、エースのFW興梠慎三が“ノーバン反転ボレー”を突き刺し、1-1のドローに持ち込んだ。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 リーグ再開初戦の名古屋グランパス戦(3-1)に勝利した浦和は、敵地でC大阪と対戦。前半8分、元浦和のFW高木俊幸に先制弾を許し、追いかける展開が続いた。

 0-1で迎えた後半33分、浦和のエースが魅せる。右コーナーキックをMF武藤雄樹が蹴り込むと、ファーサイドのMFファブリシオが競り勝ち、ボールはゴール前の興梠の元へ。右足でトラップすると、ノーバウンドで反転しながら浮いたボールを左足でミート。豪快な一撃で韓国代表GKキム・ジンヒョンが立ちはだかるニアサイドをぶち抜いた。

 貴重な同点弾は今季7ゴール目。8年連続のシーズン二けた得点に着実に迫っている。

【PR】初月は無料期間! DAZNの見逃し配信で最新試合をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング