モウリーニョ監督に朗報! サンチェスのビザ問題解決、マンUの米国ツアー合流へ

マンチェスター・ユナイテッドのFWアレクシス・サンチェス【写真:Getty Images】
マンチェスター・ユナイテッドのFWアレクシス・サンチェス【写真:Getty Images】

バルサ時代の脱税の問題で当初は入国不可も、許可が下りる

 マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督に朗報が届いた。ビザの問題でアメリカでのプレシーズンツアーに参加できていなかったチリ代表FWアレクシス・サンチェスが、週末にも合流可能になったという。英紙「テレグラフ」などが報じている。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、来季からCL・ELも放送することをご存知ですか?

 サンチェスは今年2月にバルセロナ在籍時代の脱税の問題で、スペインの裁判所から執行猶予付きの懲役16カ月の判決を受け、今回アメリカ入国のためのビザが下りなかった。ユナイテッドはアメリカでレアル・マドリードなどと対戦するインターナショナル・チャンピオンズカップ3試合を含む5試合が予定され、8月10日にはプレミアリーグが開幕。モウリーニョ監督は「最悪だ」と嘆いていた。

 しかし、サンチェスにはアメリカからの入国許可が届き、今週末にもチームに合流できる見通しになったという。ベルギー代表FWロメル・ルカクら主力の多くがロシア・ワールドカップ(W杯)で上位まで勝ち進んだことで休養が必要となり、チームへの合流が遅れているなか、W杯に出場できなかったチリ代表のストライカーがアメリカツアーに帯同可能となったのは、モウリーニョ監督にとって朗報になったのは間違いない。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング