GKに“泣かされた”イングランド、24歳守護神の評価上昇 海外紙「笑いごとはなくなった」

ビッグセーブを連発するピックフォード、24歳守護神の評価が上昇している【写真:Getty Images】
ビッグセーブを連発するピックフォード、24歳守護神の評価が上昇している【写真:Getty Images】

ビッグセーブ連発のピックフォードを絶賛 「イングランドがついにGKを手にした」

“サッカーの母国”イングランドがロシア・ワールドカップ(W杯)準々決勝でスウェーデンを2-0で下し、28年ぶりに4強進出を決めた。その立役者の一人となっているのがビッグセーブ連発のGKジョーダン・ピックフォード(エバートン)だ。24歳の若き守護神の活躍は、海外メディアで「イングランドGKの笑いごとはもはやなくなった」「素晴らしいセーブのハットトリックだ」と絶賛されている。

 ピックフォードは今大会、イングランドの正GKとして全5試合にスタメン出場。ギャレス・サウスゲイト監督は代表75キャップを誇るベテランGKジョー・ハートをメンバーから外したことが話題となったが、代わりにこの左利きのGKに全幅の信頼を寄せている。経験不足が不安視されたが、大舞台で見事な活躍を続け、期待に応えている。

 コロンビアとの決勝トーナメント1回戦では、PK戦でFWカルロス・バッカのシュートを左手1本で防いで勝利に貢献。そして、このスウェーデン戦でもビッグセーブを披露した。

 なかでも後半2分に左サイドからのクロスをドンピシャで合わせたFWマルクス・ベリのヘディングシュート、同17分エリア内に走り込んだMFヴィクトル・クラエソンの右足シュート、そして同26分に再びベリがゴール前で放った左足シュート。この3本をいずれも防いだピックフォードのセーブはイングランドを救った。

「マルカ」紙は「イングランドGKの笑いごとはもはやなくなった」との見出しでピックフォードの活躍を称え、「素晴らしいセーブのハットトリック」「イングランドがついにGKを手にした」と頼れる守護神の誕生を称えた。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング