イングランドが1990年以来の4強進出へ前半1-0リード DFマグワイアが先制ヘッド弾

イングランドはマグワイアの先制ゴールで前半を1-0とリードで折り返す【写真:Getty Images】
イングランドはマグワイアの先制ゴールで前半を1-0とリードで折り返す【写真:Getty Images】

スウェーデンのクラーソンがファーストシュートもイングランドがワンチャンスを活かす

 ロシア・ワールドカップ(W杯)準々決勝、スウェーデン対イングランドが現地時間7日に行われ、両チームともに少ないシュート数のなかで、イングランドがセットプレーから貴重な1点を奪取。1-0とリードを奪って前半を折り返した。

 1994年大会以来となるベスト4を目指すスウェーデンと、2006年大会以来となるベスト8進出を果たしたイングランド。ともに上り調子で迎えた同士の一戦は、スウェーデンがMFエミル・フォルスベリ、イングランドはここまで6ゴールと得点ランクトップを走るFWハリー・ケインら今大会のベースメンバーをそれぞれスタメン起用した。

 序盤からボールを握るのは3バックのイングランドで、スウェーデンは手堅い4-4-2の守備ブロックで迎撃する。前半13分、スウェーデンMFビクトール・クラーソンのミドルでようやくファーストシュートが出る膠着した展開となった。一方イングランドは前半18分にFWラヒーム・スターリングの突破からペナルティーエリア外正面でボールを受けたケインがシュートを放ったものの、ゴール左へと逸れた。

 この堅い展開を打開したのはコーナーキックだった。前半30分、右CKのキッカーはDFアシュリー・ヤング。正確なクロスをゴール前に送ると、DFハリー・マグワイアが頭で合わせ、千載一遇のチャンスを生かした。

 この日2本目のシュートで先制点を奪ったイングランド。1990年大会以来となるベスト4進出へ上々の45分間を終えた。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング