“エジプトの王”が自宅に集まった群衆に神対応 「サラーは我々にもったいない宝」

思わぬアクシデントに見舞われたサラーだったが、英雄見たさに集まったファン一人ひとりにも笑顔で対応した【写真:Getty Images】
思わぬアクシデントに見舞われたサラーだったが、英雄見たさに集まったファン一人ひとりにも笑顔で対応した【写真:Getty Images】

エジプトが誇る度量の大きなスター

 エジプト代表のFWモハメド・サラーが、大きな話題となっている。英公共放送「BBC」のシャイマ・カリル記者が、ロシア・ワールドカップ(W杯)でグループリーグ敗退に終わり、悲しみの帰国を余儀なくされた「エジプトの王」のファンへの対応をツイッターで報告。このエジプト人ジャーナリストが「我々はサラーに相応しくない」と、懺悔するほどの神対応で称賛されている。

 サラーは、今季のUEFAチャンピオンズリーグ決勝で、レアル・マドリードのDFセルヒオ・ラモスに脇を固められたまま転倒して肩を負傷。ロシアW杯では、肩の怪我を抱えながらも第2戦のロシア戦から出場。今季リバプールでリーグ32得点を決めた点取り屋は2試合2得点と実力を発揮したが、チームは3連敗でグループリーグ敗退を喫していた。

 失意の帰国となったサラーに待っていたのは、さらなる災難だった。カリル記者は、民家の前に黒山の人だかりが集まっている写真も添え、「自宅の住所がフェイスブックから漏洩したことで、エジプトのモー・サラーの自宅前に群衆が集結。彼は一体どうしたのか。彼は人々に挨拶するために外に出て、サインをし始めた。我々はモー・サラーに相応しくない」とつぶやいた。

 自宅の住所が漏洩する思わぬアクシデントに見舞われたサラーだったが、英雄見たさに集まったファン一人ひとりにも笑顔で対応した。カリル記者は警察に通報せず、わざわざもてなした人格者をエジプト人にとってもったいないほどの宝と表現。サラーは、ピッチの外でも、その器の大きさで称賛を集めている。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング