西野監督が“他力”に賭けざるを得なかった事情 ポーランド戦後半に見えた日本の失速ぶり

ポーランド戦、日本代表は大苦戦するも西野監督の決断が吉と出た【写真:Getty Images】
ポーランド戦、日本代表は大苦戦するも西野監督の決断が吉と出た【写真:Getty Images】

ポーランド戦0-1敗戦の真相 大苦戦も西野監督の決断が吉と出る

 スタジアム中からブーイングを受け、試合が終わらないうちに多くの観客が席を立つという事態になったが、日本代表は28日のポーランド戦に0-1で敗れながら、ワールドカップ(W杯)で2大会ぶり3度目となる決勝トーナメント進出を果たした。いろいろな批判はあるかもしれないが、確かなことは西野朗監督の決断が吉と出たということ。これで日本は、ラウンド16でベルギーと対戦する権利を得ることができた。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 2試合続けて同じスタメンだったところから、西野監督はいきなりスタメン6人を入れ替えてポーランド戦に臨んだ。フォーメーションも4-4-2にして、岡崎慎司と武藤嘉紀を前線に並べた。気温が30度を大きく超えるなかで、日本はボールを持てばこれまでよりシンプルに2トップや左サイドハーフの宇佐美貴史にボールをつけ、そこからスピードにやや難のある相手センターバックの裏を狙っていく。

 一方のポーランドは、前からあまりボールを追わずに日本が仕掛けたところでカウンターを狙い、日本が対応すればサイドでつないで、揺さぶりをかけてこようとする。そこで日本が上手くボールを取れれば、逆にカウンターから2トップを生かしてスペースにボールを入れていくという展開で、日本の方がチャンスは多かった。

 前半13分には柴崎岳のロングパスから宇佐美が頭で落とし、武藤がドリブルで右足のシュートに持ち込んだが、GKファビアンスキにセーブされた。さらに3分後には武藤のボールキープから宇佐美が1タッチで右につなぎ、最後は右サイドハーフで起用された酒井高徳が左足で合わせたが、またしてもファビアンスキに止められた。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング