W杯敗退の韓国で注目される「ソン・フンミンと兵役問題」 大統領官邸に免除の請願殺到

韓国代表のエースFWソン・フンミンに対して、免除の請願が殺到しているという【写真:Getty Images】
韓国代表のエースFWソン・フンミンに対して、免除の請願が殺到しているという【写真:Getty Images】

16強逃すも韓国代表を称える国民、エースの兵役免除を求める

 韓国代表はロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグF組での戦いを、1勝2敗の3位で終えた。スウェーデン(0-1)とメキシコ(1-2)に2連敗したが、それらを帳消しにするくらいの喜びに沸いたのが第3戦のドイツ戦だった。

 0-0のまま迎えた後半アディショナルタイムに2ゴールを決め、FIFAランキング1位のドイツに2-0で勝利を収めたことに国民は大興奮。特に大統領官邸の青瓦台(チョンワデ)には、代表チームを激励するメッセージがたくさん寄せられている。特にエースのFWソン・フンミン(トットナム)に対して、「兵役免除の特例を与えるべき」と、ものすごい数の要請が来ているという。

 韓国紙「世界日報」は「ソン・フンミンは2014年仁川アジア大会に出場できず、(韓国は金メダル獲得)兵役免除を逃した。彼に残されたチャンスは(オーバーエイジで出場した場合)、8月にインドネシアで行われるアジア大会だけだ。そこで金メダルを獲れなければ、兵役義務を果たすため、英国から帰国しなければならない」と報じた。

 仮にソン・フンミンが兵役についた場合、2年の空白期間ができるため、戻った後もプレミアリーグで現在のパフォーマンスを維持するのは難しいと言われている。

 同紙は今大会の彼の活躍ぶりに勇気をもらい、喜びを与えてくれたことを感謝する国民が、青瓦台に送った“請願”のメッセージを紹介。「兵役特例の恩恵を与えて、プレミアリーグで稼いだ70%を税金として出すようにしよう」「スポーツ勲章を与えて、兵役特例対象者になるようにしよう」などと訴えている。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング