GK川島の“神がかり的プレー”を英メディア絶賛 「英雄的セーブで国民の心を鷲掴み」 

日本代表GK川島の“神がかり的プレー”をイギリスメディアが絶賛している【写真:Getty Images】
日本代表GK川島の“神がかり的プレー”をイギリスメディアが絶賛している【写真:Getty Images】

ポーランド戦に0-1で敗れるも、好プレーを披露して過去2戦の汚名を返上

 日本代表は現地時間28日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ最終戦でポーランドに0-1で敗れた。コロンビアがセネガルを1-0で撃破したため、イエローカード2枚差と「フェアプレーポイント」でセネガルを上回り、紙一重で決勝トーナメント進出を果たした。この試合でスーパーセーブを見せたのがGKの川島永嗣だった。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 前半32分、ポーランドに左サイドからクロスを上げられると、MFカミル・グロシツキに頭で合わせられる。ヘディングシュートは枠を捉えていたが、川島は鋭い反応で横っ飛びを披露し、かろうじて右手一本で弾き出した。

 ゴールラインテクノロジーでのチェックも入り、ボール半個分はラインを越えていたものの、ライン上でかき出した好セーブに、英メディア「Dream Team」も賛辞を送った。

「グロシツキのヘディングに対し、カワシマは超人的なセーブを見せた。これほどの素晴らしいセーブは、長い、本当に長い間、見ることがなかった」

 記事では、川島は初戦のコロンビア戦(2-1)、第2戦のセネガル戦(2-2)で不安定なパフォーマンスで落胆をもたらしていたと指摘した一方で、「今回のポーランド戦の英雄的セーブで、国民の心を再び鷲掴みにした」と、日本の窮地を救うプレーを絶賛している。

 7月2日の決勝トーナメント1回戦では、優勝候補ベルギーとの対戦が決定。FWロメル・ルカク、MFエデン・アザール、MFケビン・デ・ブライネら今大会屈指の攻撃陣を擁する“レッドデビルズ(赤い悪魔)”にアップセットを果たすには、川島の神がかったパフォーマンスが不可欠になるだろう。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング