西野監督の“綱渡り采配”を英紙が批判 「日本は黄金の切符を破るギリギリだった」

消極的な戦術を決断した西野朗監督に英紙も厳しい視線を送っている【写真:AP】
消極的な戦術を決断した西野朗監督に英紙も厳しい視線を送っている【写真:AP】

主力温存の大胆起用

 日本は現地時間28日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第3戦でポーランドに0-1で敗れた。この結果、同時刻キックオフの試合でコロンビアに0-1で敗れたセネガルと勝ち点、得失点差、総得点、当該試合の成績で並び、警告・退場数により算出される「フェアプレーポイント」の差で2大会ぶり3度目の16強進出を決めた。

【PR】J.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 だが、この結果ではなく、試合終盤にリードされながらもコロンビアの勝利を祈る消極的な戦術を決断した西野朗監督に、英紙「ザ・サン」は「大失敗の監督」「あわやハラキリ」と厳しい視線を送っている。

 同紙は日本を2大会ぶりの16強に導いた指揮官を、こう酷評した。

「そうだ、これは完全無欠のやっちまった危機だった。大失敗のアキラ・ニシノ監督はほとんどスポーツ界のハラキリを演じる寸前だった。彼のチームはW杯16強への黄金の切符を破るギリギリだった」

 引き分け以上で、自力での16強進出が決まる試合だった。だが、西野監督は6人のメンバーを入れ替え、この一戦に臨んだ。そのことに触れ、「この向こう見ずな賭けは華麗に逆効果となった。後半にサウサンプトンの控え選手、ヤン・ベドナレクのボレーシュートで失点した」と、先発メンバーの選考に不手際があったとした。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング