「フットボールとW杯へのリスペクト失った」 日本の“時間稼ぎ”に海外メディア苦言

日本がポーランド戦の終盤に見せた時間稼ぎに対しては、厳しい声が寄せられている【写真:AP】
日本がポーランド戦の終盤に見せた時間稼ぎに対しては、厳しい声が寄せられている【写真:AP】

日本はポーランドに0-1で敗れるも、フェアプレーポイントで決勝T進出

 日本代表は現地時間28日にロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ最終戦でポーランドと対戦し、0-1で敗戦した。これで1勝1分1敗となり勝ち点「4」から上積みできなかったが、同時刻キックオフのもう1試合でコロンビアがセネガルを1-0で撃破したため、セネガルと勝ち点、得失点差、総得点、直接対決の成績で並び、警告・退場数を基にした「フェアプレーポイント」で上回り、紙一重の突破を果たした。だがその一方で、日本がポーランド戦の終盤に見せた時間稼ぎに対しては、厳しい声が寄せられている。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 日本は第一目標に据えていたグループリーグ突破を辛くも達成。セネガルとは勝ち点や得失点差などすべての成績で並んでいたが、イエローカードの枚数が2枚少なかったことから「フェアプレーポイント」の規定に救われることとなった。

 しかし、ゲーム終盤に見せた日本の消極的な自陣でのパス回しに対し、米スポーツ専門テレビ局「ESPN」は、「日本がイエローカードでつかんだ勝利は、酸っぱい後味だけを残した」と見出しを打って特集。「フェアプレーの正当だとは思えない規定で、日本は恥を捨てた。ばかばかしく、不愉快で、異常な光景だった」と、痛烈な批判を繰り広げていた。

「数字上では、日本がセネガルよりもフェアであったことは事実だ。だがベストを尽くし、相手をリスペクトし、全てをぶつける。そのようなフットボールの最もピュアな精神に対し、あまりに目に余る軽視だった」

 記事では「フェアプレーで大会を進めようとするFIFAの目論見に、フェアプレーでない方法で結果だけを見据えた」と指摘し、「フットボールで何が本当に大事なのかを見失っていないか?」と、スポーツマンシップに欠けた行為ではなかったかと問いかけた。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング