マンU、セルヒオ・ラモス獲得に55億円で正式オファー 

スペイン代表主軸の希望移籍先はユナイテッドのみ

 マンチェスター・ユナイテッドがレアル・マドリードのスペイン代表DFセルヒオ・ラモス獲得に向けて2850万ポンド(約55億円)という正式オファーを出したと衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。ついに世界屈指のディフェンダーの移籍交渉が最終局面を迎えようとしている。
 ラモス本人も契約を2017年6月まで残すレアル退団を希望していると伝えられている。いよいよ移籍が近づいているようだ。
 「スカイ・スポーツ」のグラハム・ハンター記者もラモス退団に関してユナイテッドが唯一の移籍先の希望クラブであるとしている。
 「ラモスはマドリードにこの夏にクラブを離れたいと直接話している。マンチェスター・ユナイテッドとの交渉をしたいということもはっきりと明かしていて、ユナイテッド以外との交渉は望んでいない」と指摘している。
 ラモスはレアルとの契約の延長交渉を行っているが、年俸アップをクラブ側に拒否され、進展が見られていなかった。この状況に不満を持ったラモスは移籍を希望したと伝えられている。在籍10年、チームの副キャプテンを務めるスペイン代表の柱が、29歳にして新天地に旅立とうとしている。

【了】

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

トレンド

ランキング