「前半からケンカしていた」 DF昌子、セネガルFWとの攻防秘話「言い返した」

昌子がセネガルFWニアングとの攻防秘話を明かした【写真:Getty Images】
昌子がセネガルFWニアングとの攻防秘話を明かした【写真:Getty Images】

セネガルに狙い撃ちされていた昌子 「俺の方にどうぞとしていた」

 日本代表は現地時間24日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦セネガル戦で2-2と引き分けた。初戦から2試合連続フル出場のDF昌子源は、セネガルFWとの攻防について「前半からケンカしていた」など秘話を明かしている。

 試合は前半11分に先制点を献上し、同34分にMF乾貴士の同点弾で追いつくも、後半26分に2点目を決められて再びリードを許してしまう。直後の後半27分、MF香川真司に代わって本田圭佑が出場すると、6分後の同33分にFW大迫勇也のクロスからこぼれ球を拾った乾がリターンパス。最後は本田が左足で蹴り込み、そのまま2-2のドローで終えている。

 セネガル戦、昌子は自身が“狙い撃ち”されているのをすぐに察知したという。「自分でも本当にすぐ気付いた。19番(FWエムベイェ・ニアング)が自分のところにいるし、マヤくんやハセさんが持った時に、俺の方にどうぞとしていた」と、その時の状況を説明する。

 DF吉田麻也やMF長谷部誠がボールを持った際に、まるで昌子へのパスを促すようなポジションを取っていた。昌子はCBの左に入っていたなか、攻撃を組み立てる際に左足を使う頻度が高くなる。「左利きではないので精度に問題はあるけど、思い切って入れようと。乾くんや(香川)真司くんは持てるので、アバウトなボールでもピタッとやってくれる。それが慣れとかリズムにもつながったと思う」と胸を張った。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング