メッシ、ロナウド、スアレス、グリーズマン… “死の山”に海外注目「一つの椅子を…」

決勝トーナメント1回戦でポルトガル対ウルグアイ、アルゼンチン対フランスの好カードがいきなり実現することになった【写真:Getty Images】
決勝トーナメント1回戦でポルトガル対ウルグアイ、アルゼンチン対フランスの好カードがいきなり実現することになった【写真:Getty Images】

決勝Tでフランス対アルゼンチンが実現 ウルグアイ対ポルトガルの好カードも…

 ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント、リーガ・エスパニョーラが誇る4人のストライカーのうち一人しか準決勝に勝ち上がれない――。そんな厳しい“死の山”が発生した。現地時間26日に行われたグループリーグC組、D組の結果によってウルグアイ、ポルトガル、フランス、アルゼンチンが同居する形になった。

 C組はフランスがデンマークとスコアレスドローで難なく1位通過を決めた。しかし、その後行われたD組の結果によって、その余裕は少々消えたかもしれない。アルゼンチンが試合終了間際にDFマルコス・ロホのゴールで2-1と勝利し、逆転での2位突破を決めたからだ。これによって決勝トーナメント1回戦でフランス対アルゼンチンの好カードがいきなり実現することになった。

 これを喜ぶべきかガッカリなのか、複雑な心境で捉えているのはスペイン紙「マルカ」だ。記事では、このように言及されている。

「この結果によって、リオネル・メッシ、クリスティアーノ・ロナウド、ルイス・スアレス、アントワーヌ・グリーズマンが準決勝に向けてただ一つの椅子を争うことになったのを意味する」

 前日に行われたグループリーグA組とB組最終戦の結果によって、A組1位のウルグアイとB組2位のポルトガルの対戦がすでに決まっている。その勝者がフランス対アルゼンチンの勝者と戦うタフマッチの連続となるのだ。

 仮にポルトガルとアルゼンチンが勝ち上がれば準々決勝での“ロナウド対メッシ”の夢の対決が実現することになるが、ウルグアイにはFWエディンソン・カバーニやDFディエゴ・ゴディン、フランスにもFWキリアン・ムバッペ、MFポール・ポグバ、MFエンゴロ・カンテとワールドクラスがズラリと並ぶ。3つのW杯優勝国、そして2016年の欧州選手権王者が集結したブロックを勝ち上がるのは、果たしてどこになるだろうか。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  2. ソシエダ久保が「ついに覚醒」 圧巻ゴール反響、鋭い振り&絶妙コースの“低弾道シュート”「誰も止められない」

  3. 「お似合い」 デ・ブライネ、謎の韓国美女と試合直後に“照れくさそう”な記念撮影 「羨ましい」「美しい」と反響

  4. 「加速エグい」「本物だ」 ブライトン三笘、サラー&アーノルド“翻弄ドリブル”に驚き リバプール戦の圧巻テク&スピードに喝采「世界に通用」

  5. 「感動的だ」 ソシエダ久保建英、ゴール直後に両足浮遊の“情熱”大ジャンプ 背中越しの喜悦にファン熱狂「うわー凄い」

  6. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  7. 「マスタークラスだ」 ブライトン三笘、サラー&アーノルドを翻弄 リバプール相手の“圧巻ドリブル”を海外絶賛「最高級」

  8. 元日本代表MF中田英寿氏、コンバイン運転&米収穫が反響拡大 フィオレンティーナ時代の元同僚も反応

  9. 「恐るべし」 元日本代表MF中田英寿氏がコンバイン運転で米収穫に脚光「何でも様になる」

  10. 「魔法の左足」 中村俊輔の欧州CL“伝説のFK”弾、名門ユナイテッド戦の衝撃2発に「いつ見てもすげー」と反響